リュウジュウオーター

(*ご注意:ラピスラズリ・インカローズなど、水に弱いミネラルストーンを使ったリュウジュは、リュウジュウオーター製造には適しません。
詳しくはお問い合わせください)

 

昨今、クリスタルやシリカを触媒として、飲料水を「浄化」すろ製品が市場をにぎわしていて、水道水をおいしく飲んだり、料理に使うとかの動きが活性していますね。

実はリュウジュはとても優れた水の浄化作用があります。
構造がクリスタルウオーターの浄化装置に酷似しているのです。
セラピーに使わずに、おいしいお水発生装置として売り出そうかと考えたくらいです。

でも、、以下の作用はありません・・・
・塩素、トリハロメタン、鉛などの有害物質を取り除く。
これはやはり、中空糸などの「フィルター」による技ですね。
この部分はリュウジュではむつかしいです、というか、リュウジュだけの電気代謝で化学分解させるにはとても時間がかかります。

じゃあリュウジュとお水で何が起こるのかといいますと
お水をものすごい速さで振動させることができます。
1秒間に数万~数十億回震わせることができます。

通常お水ってのは透明に細かく見えるので、どんな状態でもおんなじと思ってしまうんですが、分子同士は数百万個単位でカタマリになっていて、
つまりなんだか「ダマ」になっていて、「ごつい」状態になってるんです。
そうすると身体に入っても粘膜や浸透膜から吸収されにくい状態になってるんです。
塩素で科学殺菌処理したお水や、一度煮沸した湯冷ましなどは、冷めるときにごつんごつんの塊になってますので、まず、おいしくありませんよね。

一方、リュウジュが発生させる振動はとても広くて、
センチメートル波からオングストローム波、テラヘルツを使ったリュウジュではテラ波までを発生させています。
この超微振動がお水分子の塊を粉々に砕いてゆきますので、
リュウジュとお水を容器に同居させるだけで、
「体の浸透膜を通りやすい水分子のお水」になってくるんです。
ですからお味はとてもまろやかになりますね。
舌触りもよく、お料理に使うのにも最適のお水ができます。

使い方としては、浄水器を通したお水を容器に入れ、
そこにリュウジュを浸すだけという簡単さ!
どうか一度、ご賞味いただけたらと思います。


 

リュウジュオンラインショップ

投稿日:2017年2月16日 更新日:

執筆者:

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。